忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

惰眠を貪るアウさんを揺り起こし、
ハウステンボスに入った鉄クズさんを迎えに行く。

正門ゲートを待ち合わせ場所に指定したのだが、
ここで我々の迂闊さが鉄クズさんに無駄な体力を消費させた。

互いに電話で、”正門ゲートに着いた”と言い張るのに、
どうにもこうにも出会う気配がない。
何故か。
簡単だ。
私とアウさんがハウステンボス正門ゲートと認識していた建造物は、
ただのホテルだったのだ。
よくよく考えてみれば、建物内にハウステンボス園内に続く道はなく、一階にあるのは大食堂のみ。
少し推理力を働かせてみれば、この建物が宿泊施設であることは明らかなのに、
固定観念が僕とアウさんの思考を縛っていたのだ。

「だから!!あのでっかい時計が壁に2つある凱旋門みたいな建物だよ!!それが正面ゲートだよ!!」
「アウさん、それはホテルです」

しかしながら、この鉄っちゃんの指摘で、我々の思い込みは瓦解し、
後に鉄クズさんに平謝りすることとなったのだ。

ほどなくして、鉄っちゃんが正門ゲートもとい只のホテルへ到着。
僕達は出会った。
これで、明日のイベントに参加する3名は揃った。
そこで、我々は万全を期すために、事前に園内を周遊し
土地勘を養っておこうと決め、夜間入園する運びとなったのである。

妙な奇声をあげ、諸手をあげて跳ね回る鉄クズさんと、
疲れ果てた老人のように足を引きずるアウさんが好対照だった。

そして、ハウステンボスが誇るオランダの家屋建築は、眼を見張るものがあった。
マップチップでこの建物をどうやったら再現できるだろうか…
と考えさせられ、実に刺激的だった。
景観を彩る風車はどうにかして再現してみたいなぁ。

概ね園内を見て回った後、
アウさんは、お土産屋でユーシャを思わせる全身鎧の置物を購入した。
僕は、帰りの飛行機の持ち物検査で、この鎧がチェックされ、
ついでにけいおんフィギュアも取り出され慌てふためくアウさんを想像し、ニヤニヤとしていた。

夜のしめくくりとして、僕達はマジックバーに赴いた。
いつの間にか観客が消えていくという不思議な光景を見つつも、
僕達は最後まで残り、演出された奇怪な幻想に酔った。
シメはいわゆる身体分断ショーだったのだが、
アウさんの推理では、実はあの助手の女の人がものすごい柔らかい体で、3段の箱が重なるわずかな隙間に身体を通していたということらしい。
凄い技術を持っているのは演者の男性と思わせておいて、
トリックの肝は助手にあるというのは、
奇術の基本である注意の操作にも通じていて、実に納得できるものである。

そして、帰りに盛大に迷い、我々に残された睡眠時間は殆どなかったという。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Copyright © [ タスケテ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]