忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

奴が本気を出した瞬間。
鋼鉄の鳥――ジャンボジェット・ボーイング747がエンジンをがなり立て、空気をかきわけ猛進した瞬間。
僕の身体は重力の鎖から断ち切られ、腰はふわりと椅子から離れた。

そしてその状態のまま、飛行機は機首をより上に傾け、虚空にかけられたレールの上を走るように、
蒼天に向かって迷いなく直進していく。
体感的には、壁に打ち付けられた椅子に無理やり座らされているようだった。
ひどく力学的に不自然で不気味な格好。
いつの間にか椅子がなければ機体の外に放り投げられるぐらいに、飛行機の角度は垂直に近づいていた。

今にもそのまま機体が落ちそうで、思わず身を強張らせる。
だが、もし仮に落ちた場合、この堅さが致命傷にならないだろうか。
恐れを知らぬ赤子は3階から落ちても、かすり傷で済んだという。
それに対し、オトナになり恐怖を覚え、有事の際に硬直するようになると、
ただ路上で転倒しただけなのに、骨折という悲惨な結果をもたらすことさえある。
つまり、意識的に脱力した方が、墜落した時生き残る可能性は――高いのだ。

そう確信し、積極的に四肢の強張りをほどき、自然体で構える。
その時同時に、僕の中で、墜落を始めた時の覚悟は完了していた。

しばらくすると、乱気流に突っ込んだのか、飛行機が激しく揺れだす。
「だいじょうぶですよぉ。飛行機は、揺れません。」
搭乗前に確信めいた口調で僕を諭したアウさんの言葉が、脳裏にむなしく響く。
思わず、すがるように隣を見ると、
「あれは、嘘です」
とあっさり白状しやがるアウさん。
さらに、アナウンスも、
”現在大変機体が揺れていますが、飛行には影響ありません”
と機械的な声色を響かせる。
僕は、
「嘘だ!!!」
と叫ばざるを得なかった。


厚い窓ガラスを隔てて、雲が機体の側面をすべるように流れていく。
その雲の向こう側には、ミニチュアかと見紛うほどに小さくなった町並みが広がっていた。
日常では認識することがないそのスケールの違いに、
僕は人間という種の矮小さを思う。
「アウさん、もしこの飛行機のエンジンが停止し、落ちたら……どうしますか?」
彼は、指を顎にそわせ、しばし逡巡してから、
「猫のことを、考えます」
「なるほど、そういえばアウさんは人間がお嫌いだった」
カカカと笑う僕に対しアウさんは眉根をよせ、
「…そうは言っていませんがね」
と、反論し、こう付け加えた。
「ですが、この飛行機が落ちることはそうありません。エンジンが停止したらお手上げですが……
 もしテロリストが襲ってきても、アウさんが撃退してさしあげますよ。
 そんなことがあろうかと、CSOでイメージトレーニングを積んできたのですからね。余裕です。」
僕は、彼の眼鏡の奥の柔和な瞳に、不穏なものを感じた。
そう、まるでパニック映画によくいる、不測の事態に慌てる民衆を宗教でまとめるメンヘラ女のような……
危うい正気と狂気の均衡。
腐泥のように濁った、底を見せぬ暗い双眸。
アウさんの瞳に、僕は……人間は映っているのだろうか。
そんな僕の不安など存ぜぬような顔で、飛行機は激しい擦過音をたてながら、長崎の地へ降り立とうとしていた。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Copyright © [ タスケテ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]