忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アウさんの家は思った以上に寝やすく、ぐっすり寝入ってしまった。
なんだかなで泊まり慣れてきたので、良くも悪くも人の家だからと
緊張しなくなってきたコゲさん。


朝目が覚めると、マロチが僕の口膣に舌を挿入し、激しく絡ませていた。
「マロチ、それはあかん」
そっと引き剥がし、思わず冷静にたしなめる。
「マロチは淫乱やね」
背後から、アウさんもきつく叱った。

しばらくして、寝ぼけ眼で頭を揺らし、視線を巡らすと、アウさんがじっとこちらを向いていた。
その表情に込められたものが何なのか、今の僕にはわからなかった。



アウさんの母上殿が用意してくれた朝食をいただき、
降りしきる雨の中、アウ邸宅を後にする。
チー、モモ、マロチ、ナナ…その他含め14匹の猫が、
代わる代わる僕たちを見送った。
この歳になると、人の実家にお邪魔するというのは実に奇妙な感覚なのだが、
そう悪いものではないのだ。
普段は見えない、おのずと隠されている誰かの意外な内側を覗く。
それは心地良い発見なのだ。
そういえば、初めての訪問の割りに、
我ながら、妙に落ち着いていたなぁと思い返すと――
長年の家庭教師業が効いていたのかもしれない。
僕はアウさんの教育をしに来たのかもしれない。

そんなこんなで、
前人未到の魔境カサンドラ――その最初の訪問者になったことを、
僕は誇りに思いながら、アウさんと共に曲がりくねる山道を下りていった。






もし、ここで終わっていたら、この後の悲劇は起こらなかったのかもしれない。
だが、既に起こってしまったものはどうしようもないのだ。
それは偶然か。はたまた誰かの悪意がもたらした必然か。
澱んだ街角で、僕達は出会った。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Copyright © [ タスケテ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]